}); }); 忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またやらかした

きのうの仕事中のこと。
マシンを使って食材を切り、その食材をシンクにためた水に晒すという作業をやっていました。

この作業においての注意点は、その食材を切るマシンをシンクに落とさないこと。
完全防水ではないので、マシンを水に浸すと壊れる恐れがあるのです。
これはMさんからも最初に指導されたことでした。
そのため常に気を付けていたのですが・・・・・・。
仕事に慣れるにつれ、「もっとダイレクトに食材をシンクに食材を落とせるように…」とギリギリの位置にマシンを置くようになっていました。
こうした方が作業後の片づけが楽になるため。
だからきのうもギリギリの位置に置いて作業をしていたのでのですが・・・。
作業も後半に差し掛かり店に掛けられている時計を見て「このペースなら間に合いそうだな」とふっと気を抜いた瞬間、マシンが落ちて水没。
慌てて引き上げようとした瞬間、静かな店内に「バチン!」という音が響き渡りました。
この瞬間、「やっちまった…」と絶望する自分。
とりあえずマシンは停止したので、水に浸かっているシンクから急いで引き上げ。
そしてこのときは「マシンが壊れて『バチン!』という音がした」という認識でした。
でも、ふと店内を見回すと・・・。
先ほどまでついていた照明がすべて消え、これまでついているのを見たことにない照明が点灯中。
「?」と思っていると、店内には「ピッ、ピッ、ピッ」という音が鳴り始めました・・・。
「え?え?」と動揺しながら周りを見渡します。
すると、先ほどまで電源が入っていた湯沸かし器の電源も切れていることを発見。
このとき、マシンが壊れたのではなく店内の電気に異常が起きていることに気づきました。
己の単純なミスによりやらかしてしまったことから、更に絶望を深くする自分。
しばらく完全に思考を停止して、しばらく店内を1人でふらふら歩いていました。
で、2分後。
「とりあえず電気を復旧させなくては・・・」とようやく気づき、事務所にある配電盤の前に。
いつも目にしてはいますが、じっくり見るのは初めて。
「何か変な箇所はないか…」と目を凝らして見ると、漏電ブレーカーが落ちていることに気づきました。
こういう場合、どうやっていいか分からないなら、ますは社長に電話するなりして確認するべきだったと思います。
余計なことして更に壊したりしたら大変ですから。
しかし、このときは正常な判断が出来ないほど追い込まれている自分。
ただ、一刻も早くこの状態から抜け出したいということもあり、そのまま家のブレーカーでも上げるようにカチッと漏電ブレーカーをあげてみました。

すると、店の電気が復旧。
マシンを水に落とす前の状況に戻りました。
今考えれば分からないくせに勝手なことをしたと思いますが・・・まずは復旧したことにより気持ちが落ち着き一安心。
その後は冷蔵庫や冷凍庫など、各設備の電源が入っているか確認しましたが、自分が見る限りは全て正常に稼働。
やらかした瞬間は心の底から絶望しただけに、何とか救われた気持ちになりました。

とはいえ、どうしても気になるのは「なにか異常が起きていたらどうしよう」ということでした。。
自分が見た限りでは大丈夫ですが、実は営業中に使うものに支障が出ている恐れもあります。
そのため社長に電話して確認しようと思いました。
しかし、愚かな油断によるミスを報告するのは・・・。
また、現時点では通常の状態に戻っているように思えることもあり、電話するかしないか長時間考え込みました。
そしてその結果・・・。
「ま、電話しなくても大丈夫かな」という結論に達しそうになりましたが、このとき頭の中によぎったことが。
それは無職時代に見ていたワイドショーにおける様々な会社の不祥事。
一社員が「ま、いいか」という判断をしてなぁなぁな仕事をした結果、後にとんでもないトラブルに発展し大変な問題になるというのを、暇なだけに山ほど見てきたことを思い出しました。
このことに気づいた瞬間、「電話したほうがいい」という結論に至りました。
そもそもよくよく考えたら、後でバレて「kanimisoの野郎、マシン壊したのにだまっていやがった!」というのが最悪ですし(笑。
怒られるにしても、今日報告して心の負担を軽くした方がしたほうがいいと思ったのです。
ここまで地道に積み上げた信用を失うことになるかもしれんが仕方ないと。
そんなわけでこの後は頃合いを見て社長に電話。
謝罪しつつ「カクカクシカジカで漏電ブレーカーが落ちたのですが、営業に支障が出たりしますか?」と聞いてみると、社長は「ん?すぐに復旧したなら大丈夫なんじゃない」とアッサリ。
特に大きなお咎めもなく電話は終了したのでホッとすると同時に、やはり何かあったら報告するのは大事だと思いました。
「ホウ・レン・ソウ」は仕事の基本ですね。

ちなみに水に落としたマシンですが、その後に電源を入れたら動きました。
家に帰ってからネットで調べてみると、こういう風に機械を水没させてしまった場合、基本は「絶対にすぐに電源を入れない(ショートするため)」と知り、ここでも「やらかしてしまった」と思いましたが・・・。
一応その後はマシン本体を乾かすようにはしたので、後は壊れないことを祈るのみです。


ということで、慣れてきた作業でも気の緩みで大きなトラブルに発展することを思い知りました。
ただでさえ大雑把な自分です。
毎回しっかり気を引き締めて作業に臨みたいと思います。
もう前後不覚に陥るほどテンパるのはイヤですから(笑。

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[7回]

PR