}); }); 忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一度でも楽を覚えるとダメな方向に流されやすい


 
最近のバイトは3連勤又は4連勤で働くようにしています。
 
 
バイトを始めた当初は連勤の場合、体にかかる負担が大きく「間に休みを入れてやった方がいい」と思っていましたし、実際そうしていました。
あまり無理をしないようにと。
しかし仕事の作業内容や流れを完全に理解した今、3連勤にした方が楽なことに気付きました。
というのも今のバイトは連勤である場合、1日目の時点で食材の在庫を確認すれば、2~3日目までの作業内容が読めるようになったから。
例えば「2日目あたり厳しくなりそうだな」と思ったら、前倒しで作業をしておくなんてことも可能です。
これが休みを1日挟むとなると、さすがに予測することは出来ません。
むろん、全ての作業においてそれが出来るわけではありませんが、「明日は忙しい」と分かっているだけでも自分のような人間にとってはかなり楽に。
事前の心構えが有るか無いかでも精神的な負担が大きく減りますから。
ということで、最近はもっぱら連勤しています。
 
 
ということで、最近はバイトも前より楽に感じるようになりました。
以前より作業量が若干減っていることも、楽に感じる要因。
以前は常に同じ作業量をこなしていましたが、オープンしてからある程度の期間が経ちお客様の流れもハッキリしてきて、「平日なら70%で土日なら90%くらい」と日によって作業量に差が出てきたのです。
ただ、これも実際は「必ずそうなる」とは限りません。
ほとんどの場合は出勤してから分かること。
だから今も基本的には早出をして、作業量が少ないときには「ありがたいなぁ・・・」と思うことにしていました。
 
 
でも、ここ最近。
3連勤中に1回は楽な日が発生するようになりました。
それでも自分としては「楽なのに慣れると仕事がキツイときにしんどくなるから、常に100%の作業をやる気持ちで」と思いながらやっていたのですが・・・やはり一度でも甘い汁を味わってしまうと、心では引き締めているつもりでもどこか「きょうは作業量が少ないといいな」と期待してしまうようになってしまいました。
自分のように己に甘い人間は特に(苦笑。
 
 
と、そんなわけでここ最近は以前の同じ作業をしていても「キツイ」と感じるようになりました。
これを思えると、人は本当に楽な方に流れやすいのだと思い知らされます。
「そうなってはダメだ!」と心がけていても、体がそれに慣れてしまうとキツク感じずにはいられないのです。
恐ろしいことです。
ま、自分が根っからの怠けものということもあるのでしょうが。
 
 
だから最近は気を引き締め直して作業するようにしています。
ま、それでもどうしても甘い期待をしてしまう自分が心の片隅にはいるのですが。
しかし、それに慣れきってしまうと、バイトとはいえ順調な仕事もダメにしてしまいかねません。
慣れてきた今だからこそ、初心に立ち返り働いていこうと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]

PR