作業スピードをUPさせる方法に気付く



 来月でバイトを始めてちょうど
3年になるのですが・・・。
ここに来て更に仕事のスピードをUPする方法を2つ見つけました。
「見つけんの遅っw」と思う方もいるとは思いますが、きょうはこのことについて書こうと思います。
 
 
 まず1つ目ですが、「先に出来る作業は先にやっておく」ということ。
以前にも「簡単な作業なら先にやっておく」的なことは書きましたが、それは数十秒で終わるような作業の話でした。
容器に取り箸をセットしておくとかそんなレベルの。
でも今回気付いたのは、10分~15分かかるような作業でも、先に出来るならやっておいた方がいいということでした。
 
 
 どういうことかと申しますと、実はある時期から社員Aから頼まれた作業は2つあります。
で、その作業は「時間があったらお願いします」ということだったので、これまでは「絶対にやらなきゃいけない基本作業」をやった後の残り時間で判断してやっていました。
「きょうは1つまで出来るな」とか。
んで、実際のところ、これだと出来る作業はたいてい1つでした。
基本作業が終わりかける勤務の後半、残り30分ぐらいになったころに「ああ、あれもやんなきゃ」とスピードを上げて何とか2つの作業をこなそうとしても、けっきょく「もう間に合わない」となり諦めるパターンがほとんどでした。

 
 
 
 でもあるときから、2つの作業のうち1つを、勤務開始してから1時間ごろの段階でやってみることにしました。
残り4時間ぐらいの頃に。
そしてこの作業。
残り30分のときにやるのも残り4時間のときにやるのも、かかる作業時間は同じです。
だいたい10~15分。
だからそうする前は「けっきょく作業が押すだけなのかなぁ」と思っていました。
その分、基本作業が終わらなくて苦しむだけなのかなと。
しかし、これが先にやっておくようにしてみると・・・、
結果的にこれまで1つしか出来なかった作業が2つともこなせるように。
自分でもこうなるとは思ってなかったので、少しビックリしました。
「あれ?なんでかかる時間は同じなのに、全部の作業が終わるようになったんだ」と。
 
 
 で、考えたんです。
なぜ終わるようになったかを。
すると、先に作業をやっておくことによる効果が分かってきました。
まず1つは、「作業が押している」と意識することで、ほんの少し全体的な作業スピードが上がるということ。

 
 
 
残り30分の段階から急いでも間に合わないのですが、これが残り4時間の段階で急ぎ始めると、わずかずつながら時間を削る事が出来て、なんとかその作業時間を捻出することが出来るようになるのです。
そしてもう1つ「精神的に落ち着ける」というメリットも付いてきました。
これが俺のような追い詰められると滅法弱い人間には、劇的な効果でした(笑。
今までは「ああ、あの作業とあの作業が残っているな」と思いながら基本作業を進めていたわけですが、これが先に1つだけでも確実に終わらせておくと、「残りはあれだけだ」となるから、精神的な負担が大幅減。
時間に余裕が有る段階で作業に取り組めば、テンパリやすい俺でも落ち着いて作業に取り組めます。
これまでの残り30分で取りかかっていたときは、とにかく焦りまくってました。
そうなると、また余計なミスも発生しやすいというもので・・・。
完全に俺には合わない作業のやり方だったというわけです。
 
 
次回につづく

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]