換気扇を切り忘れただけで・・・

 

 先日バイトに出勤したときのこと。
入り口の鍵を開けて店の中に入ると、いつもよりヒヤッとしています。
「あれ?きょうはずいぶんと寒いな」と思いながらそのまま事務所内に入ると、本来閉店時に切るはずの厨房の換気扇スイッチが切られておらず、換気扇が回ったまま。
どうやら社員が切り忘れて帰ったようです。
忙しい日の営業終了時はバタバタしているらしいので、うっかり忘れてしまったのでしょう。
まぁ、この程度のことは以前もあり、ガス漏れなどの重大なトラブルとは違うので自分は「ま、特に問題はないか」と思って作業をはじめたのですが・・・・・・。
 
 
 調理場で下ごしらえの準備のため、蛇口をひねってお湯を入れようとするとお湯が出てきません。


「あれ?なんか出が悪いな」と思いながらみつめていると数秒後、いつものようにドドドッと出てきました。
それを見てホッとし、次に洗い場での作業に取りかかろうとすると・・・蛇口をひねって水を出すと、ジャーと水が出た後、シャーベット状の水が「ボタボタッ」と落ちてきてきました。
こんなものは今までの作業中で見たことがないだけに、「?」と混乱していると、蛇口をひねったままなのに水がチョロチョロとしか出ていないことに気づき・・・。
ここでようやく何が起こっているのが分かりました。
「あ、これ水道管が凍っているんだ」と。
閉店後も換気扇も回し続けたため、店内の室温がいつも以上に下がり水道管が凍ってしまったようです。
 
 
 秋田に住んでいたころ、冬の期間の水道管の凍結というのは十分に有り得ることでした。
職場での閉店作業時は、毎日必ず水道管の水抜きをして帰るのが必須。
また自宅おいても2~3日帰省するときなんかは絶対に水道管の水抜きが必要でした。
それを忘れてしまうと水道管が凍結して破裂してしまうのです。
それまでの人生で「水抜き」なんてことをやったことが無かった自分は、最初に不動産屋からこの話を聞いたとき「んな、バカな」と笑ってしまったのですが、すぐに「いやいや、これ真面目な話ですから」と言われ、更に「もし水道管破損したら修理に15万円ぐらいかかります」と念を押しての注意がありました。
まぁ、この注意があったおかげで、秋田に住んでいたころに水道管を破裂させるトラブルが起こることはなかったのですが・・・。
自宅はもちろんのこと、会社でそんなことをやらかしたら、例のクソ社長からどれだけ罵倒されるか分からないから、何回も水抜きしたかどうかを確認したりしましたね。
当時はだいぶ精神的に不安定だったこともあり、強迫観念のようなものが凄かったです。
 
 
 と、水道管の水抜きにはそんな思い出がある自分。
これまで凍結防止はしてきましたが、こういう風に凍っている状態からどうすればいいのかは分かりません。
そもそもこういう状態で蛇口をひねって水やお湯を出そうとするのも大丈夫なことなのか、ひどく不安に。
そのためいったん蛇口を閉め、調理場の方からお湯をもってきて蛇口にジャージャーかけたりしました。
が、この程度ではビクともしない凍った水道管。
それをみて、一人店内にて大声でぼやいてしまいました。
「あ~マジでどうしようもねえ」
 
 
 作業を進めたくても、お湯や水が出なければなにも行動出来なくなるのが調理の作業。
いちいち他のところからお湯や水を持ってくるなんてやっていたら、時間がかかりすぎて意味がありません。
だからほぼ「行動不能状態」。
「う~ん、これはどうすれば」と迷いはじめると、今度はなんだか便意が。
ひとまず洗い場の横に壁一枚隔てて設置されている、店のトイレで用を足しながら考えました。
 
 
 そして5分後。
用を足して水を流そうとすると・・・。
ここで恐ろしいことに気づきました。
なんと洗い場近くにあるトイレの水道管も凍っているようで。水がチョロチョロと出ず流れません。
この瞬間、絶望的な気持ちになりました。
「このまま流せなかったら、とんでもないことになる・・・」と。
洗い場の水道管が凍っている時点でこのことに気づかず、用を足してしまった自分。
「なんて俺はバカなんだ」と後悔し、その後3分ほど呆然としてしまいました。
 
 
 で、3分後。
こういうときの対処法はよく分からないものの、少し時間が経つとまず店内を暖める必要があることに気付きました。
だからまずは普段はつけない店内のエアコンをフル稼働。
そして水がチョロチョロとでも出ているのだから、水道管は完全に凍ってないと判断。
蛇口をひねりそのまま水やお湯を出しっぱなしにするようにしました。
すると5分ほどすると、いつものようにジャーッとお湯や水が出てきて・・・。
この瞬間ひとまず胸をなで下ろし、この時点で30分ほどの時間のロスをしていたので急いで作業再開。
トイレの水が流れるようになるか不安なまま作業を続けました(笑。
が、それも30分ほど経って店内が暖まると、無事にいつものように水が流れるようになり解決。
「もし次の人が出勤する時間帯まで凍ったままだったら、手づかみで処理するしかない」とまで思ったので、このときもだいぶホッとしました。
 
 
 と、そんなわけで、換気扇を切り忘れるというたいしたことのないようなミスでも、季節によってはとんでもないことに繋がると分かったこの一件。
社員たちに「これこれこういうことがありましたがので、切り忘れないように・・・」をメモを残し、自分も他の人に迷惑をかけないよう、なれた作業でもやり忘れがないようにチェックして仕事をしていこうと思った次第です。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[5回]