無責任野郎すぎて唖然

 
 前回のつづきです。
 
 と、まぁワカテくんが勘違いして出勤したことにより俺と会い、最後になるであろう会話をして帰って行ったのですが・・・。
この後の作業中、ワカテくんのことについて考えると、怒りがフツフツとこみ上げてきました。
 
 まず腹が立ったのは、予定があり出勤時間ギリギリになりそうなのに、10日(月)の出勤を希望していたということ。
そんな予定があるなら、最初からシフトを入れなきゃいいだけの話で・・・。
でも彼からしてみれば、楽な平日勤務でちょろっとお金を稼ぎたかったのでしょうね。
で、今は電話連絡によるチェックもないから、「まぁちょっと遅れても大丈夫」とかいう考えなのでしょう。
無責任の極みです(笑。
 
 そして次に腹が立ったというよりは、気付いて恐ろしくなったことが1つ。
この日、改めてワカテくんのタイムカードをチェックしました。
すると、相変わらず10分程度の遅刻があったり、打ち忘れによる手書き修正が多数ありました。



打ち忘れのときは、出勤時間と退勤時間が同じで、出勤時間を書き直してるというもの。
前に社長や奥さんから「やってはいけない」と注意されたはずですが・・・。
 
 んで、このとき気付いたのです。
再び手書きでのタイムカード修正が行われている今。
もしこの日のように40分程度の遅刻をしたら・・・・・・ワカテくんはとりあえずタイムカードを押さない作戦を取る気がしました。
要は10分程度の遅刻ならば打刻しますが、40分~1時間ともなれば収入も減るため、彼はタイムカードをそのときは打たず、後は定時になってから連続の打刻。
そして出勤時間を手書きで修正。
こうすれば、1時間前後の遅刻をしてもバレることはまずありません。
作業の方は適当に行程を省いて短縮すればいいだけ。
1時間程度の違いなら、料理の見た目で分かるようなものではありません。
味に違いはでるでしょうがそれは日々、同じ材料と同じ手順で作っても出来不出来はあるものなので、ほぼバレないという・・・。
けっきょく気付けば、ワカテくんがやりたいように不正できるシステムに戻っていることに気付きました。
 
 まぁこれに関しては、それをやらせてしまっている会社側に大きな問題がありますよね。
タイムカードを見れば一目瞭然で俺でさえ気付くぐらいですから、社員Aや社長、奥さんたちが気付かないということはないはず。
そこを放置してしまっていることが、全ての元凶なのでしょう。
 
 ということで、そのうちワカテくんによる大トラブルが発生しそうな気がしてならないのですが・・・。
1つ朗報が。
それはワカテくんも3月中旬で退職するとのこと。
なんでも音楽活動で、海外に行くことになったんだそうで・・・。
俺は「とにかくワカテくんはクビにした方がいい」と奥さんに言おうと思ったこともあるので、これは心残りが減りスッキリしました。
間違いなく会社にとってはリスクが減り、プラスになることでしょう。
 
 ただ、ワカテくんも辞めるとなると残りの1ヶ月、相当怖いです。
そもそもずっと真面目にやっていた人間でも、もう辞めるとなればどうでもよくなっていい加減になったりすることもあります。
それを踏まえると、元から適当をぶっこきまくるワカテくんは・・・残りの1ヶ月、もうメチャクチャなことをやるんじゃないかと。
でも今はそれを防ぐチェック機能がないという・・・。
また、来月で辞めると決まっている今、社長や奥さんも余計なことは言わない気がします。
これまで言ってきたって意味がなかったのですから。
で、それにつけ込むのがワカテくんという男で・・・。
バイトを辞める前に何かあったら、また書きます(笑。
 
 それと最後に伝えたいのですが・・・。
ここまでワカテくんのことをありのままに、ボロクソに書いてきましたが、彼の見た目は本当に好青年なのです。
ネットで音楽活動をしている様子をみましたが、服装なんかも非常にオシャレで、すぐに「彼女もいるんだろうな」と頭に浮かぶほど。
 
 だからこそ、本当に彼のことが恐ろしくてたまりません。
見た目はいいのに、中身はとことん腐っているというか。
彼のことはほとんど知りませんが、ことこのバイトに関しては「最低最悪」と断言出来ます。
基本のルールを守らない、注意されても反省しない、周りに迷惑をかけても気にしないという・・・。
でも実際に会うと見た目は良いし、言葉遣いも丁寧。
だから強く批難されにくいというのが、これまた何とも怖いというか。
1回も遅刻せず、真っ当なことをやっていても社員Aからキツく詰め寄られたこともあった俺とは大違いで(笑)、こういうのを思うと人生というのは理不尽ですね。
 
 と、そんなわけで、本当に今の時代は見た目がよくても、とことんまでヤバイ奴がいると学びました。
ここまで異次元レベルの人間も存在するのだと。
だからいま思えば、とにかくワカテくんのような人間は1回目のバイトテロの時点で即刻クビにするべきだった確信しました。
社長や奥さんいわく、「人間誰しもミスをするものだから」という考えで許したらしく、俺もその考えには同意します。
でもやったことの内容があまりにもひどいものだったら・・・。
やはり即クビにして、そこで問題を断ち切るのがベストだと学びました。
あれだけのことをやらかしても、今ものほほんと遅刻しているワカテくんを見て、そんなことを強く思いました。
どうしたって「正せない人間」もいるのだと。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]