}); }); 忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社員と店長との仲が険悪なことを知る

 
 
 食洗機のトラブルの一件により、店長の資質というか能力に疑問を持ち始めた自分。
店長とはいつも顔を合わせたとしても10分程度、しかも営業時間外でした。
そのため、どんな仕事ぶりなのかはこれまでまったく知らずにいたのですが・・・。
とはいえ、「店を任される人間」であるわけですから、それなりに仕事をしていると思っていたのです。
店がオープンしてから1年は経過していましたし。
 
 
 が、食洗機の件でおばさまパートたちといろいろと会話を重ねていくと、ここでまた自分が知らなかったことを聞かされました。
それは社員と店長の仲が悪いということ。
(この社員はこの記事で書いたJさん、これ以降は車好きなので「クルマ君」という名前にします)。



これまでそんなことになっているとはまったく想像していなかった自分はかなり驚き、言葉を失いました。
 

 
 詳しく話を聞いてみると、そうなった事の発端は、店長がクルマ君にまったく「仕事を教えない」こと。
店がオープンしてから1~2ヶ月経った頃、基本的に店長が1人で作業をして、クルマ君には単純な補助作業しかやらせていなかったそうです。
それに気付いたEさんやパートのおばさまは、店長にアドバイス。
「もっとクルマ君にも仕事を教えていかないと、いつまで経っても楽にならないよ」と。
つまり「部下に仕事をもっと下ろした方がいい」と助言したそうです。
 
 
 
 しかし・・・・・・、その後もクルマ君にまったく仕事を教えない店長。
クルマ君に作業のコツやアドバイスなども一切しなかったようです。
そのため、時には料理を提供するまでの時間がとんでもなく長くなり、「もういいよ!」と激怒して帰ってしまうお客様もいたそうです。
そして更にどういうわけか、クルマ君よりも後に入社してきた後輩の社員(40才ぐらいの家庭持ちで感じのいい人で以下パパさん)に先に仕事を教えはじめたとのこと。
一緒に働いていてそんな様子をみたパートのおばさまたちはドン引き。
「そんなことをやっていたら、クルマ君は相当面白くないよね」なんて話していたそうです。


 で、ある日の夜。
営業時間中、クルマ君が店長の胸ぐらを掴み、あと一歩で殴り合いのケンカになりそうな事態が発生したとのこと。
そこに至るまでの詳細は分かりませんが・・・上記のようなことを店長がやっていたことを踏まえると、日々クルマ君の中では相当なストレスが積み重なっていたことは推測できます。
自分も正社員時代、クソ社長から同じようなことをやられたからその気持ちがよく分かるのです。
(仕事を教えないことや、このように特定の社員だけ優遇するのがどれだけ悪いことなのかは、後日別な記事にて書こうと思います)。
むろん、年下の部下であるクルマ君が、年上の上司である店長の胸ぐらを掴むなんてのは、いかなる理由があろうとも仕事においては到底許されることではありませんが・・・。
 
 
 と、そんなことがあったため、クルマ君と店長は冷戦状態に。
以前書いたこの記事「状況判断力に欠けている社員たち」で、忙しい日なのにクルマ君を帰してしまった店長の対応に疑問を持っていましたが・・・そういう事があったと分かると、「キレられるのが怖くて退社するのをとめられなかったのかな」とも思ったりしました。
 
 
 そしてその後、改善する様子も見られないまま現在に至るとのこと。
店長は重い道具を運んだりするときも、同じ厨房にいるクルマ君に手伝いを頼まず、ホールにいるパートのおばさまに、「片側を持って下さい」なんて言ってきたりするそうで・・・・・・。
仕事中もお互いに連携を取るわけでもなく、また他の作業においても店長がクルマ君に仕事を下ろさないため1人で抱え込み、そして時折発注をし忘れるなどのミスを繰り返しているようです。
その結果、クルマ君は毎日長時間働いていても、バイトに毛の生えた程度の作業しか出来ない社員に。
で、店長はたくさんの仕事に忙殺され、更にそういう意味不明な指導をしているからパートのおばさまたちから軽蔑されている状態。
まさかこれほどの状態になっているとは・・・このときまでまったく知らなかったため、何とも呆然とさせられました。
(ちなみにパパさんはある時期から個人でお店をやることになり、社員からバイトになりました)。
 
 
 それにしても・・・。
仲が悪くないとしても、毎日10時間以上顔を合わせて働くというのはキツイものだと思うだけに、それだけ冷え切った人間関係で働くというのは、ある意味凄いと思います。
逆に根性があるような気が(笑。
とはいえ、問題なのは一緒に他のパートやバイトさんへの影響も出ているとのこと。
本来なら協力しあって周りを引っ張っていくのが社員たちの仕事なのに、その2人の仲が悪く、またそんな事情を知っているからこそ、一緒に働いている人たちも何とも楽しくないというか・・・。
というか、去年の年末。
職場の飲み会に誘われて断ったのですが、この話を聞くと本当に行かなくて良かったと思います。
こういう人間関係の状態なら、行っても絶対に楽しくないでしょうし(笑。
この事情を知らず行ったなら、飲み会中にたびたび「ん?なんか変な雰囲気だな」と感じていたことでしょう。
恐ろしいことですわ・・・。
 
 
 で、今後ですが・・・。
店長はこういうスタンスを変えないようなので、このままの状態が続きそうで、パートさんたちもすでに諦めモードです。
「もう何をいってもムダ」と。
更にこの前はこんなことを言っていました。
「女同士の人間関係が面倒くさいってことはよくあるけど、ここの男共(社員たち)はそれよりも面倒くさいね!」と。
社員なのに人の好き嫌いで仕事を教えない店長。
それをやられて完全にやる気を失いクサッてしまった社員。
この事実を知った今、つくづくこの2人と一緒に働くことのない一人勤務で良かったなと思わずにはいられません。
もし一緒に働いていたら、自分の精神状態も絶対に無事では済まなかったしょうから・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]

PR