亡くなった後でも知り合いを引き寄せた父

 
 
 父が亡くなってから3~4日が経過。
バタバタしながらも職場や友人などへの連絡も済ませ、いよいよ通夜を行う段取りとなったのですが・・・。
 
 
 このとき。
弟が入院中ということもあり、母と自分はごくごく親しい親戚だけを集めて「家族葬」で行うということにしていて、父の知り合いの方々にも連絡はしませんでした。
そのため母と自分、親戚だけで通夜を行う予定でした。
 
 
 が・・・。
なんと、母と自分がセレモニーホールにいないとき、父の知り合いの方がセレモニーホールに来場。
そして親戚に、「あの表の案内に書かれていた方は・・・ひょっとして○○に在籍していた○○さんですか?」と聞いてきたそうです。
なんでも、たまたま買い物に行く途中、セレモニーホールの前を通ったら父の名字が書かれた案内が気になったそうで・・・。
これを聞くと、父が自らその知り合いの方を引き寄せたような気がしました。
そしてその知り合いの方は、すぐに他の父の知り合いにも連絡を取ってくれて・・・。
 
 
 ということで、通夜に6人ほどの知り合いの方が参加してくれることに。
こちらから連絡せず、急に知ったにも関わらず参列してくれることに感謝すると共に、正直あまり人との付き合いがある方ではないと思っていた父に、こういう人たちがいることに驚きました。
そして、「俺なんかより、まともな人付き合いがある人生だったんだ」なんてことを思いました。




 
次回につづく

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]