JKから見た俺は・・・

 
 
 
きのうのバイト中、ラジオでこのニュースを聞いたのですが、とんでもなくせつない気持ちになりました。
だって自分と同年代の44歳のおっさんが、「家の近くを通れば会えるかもしれないと思った」と本気で思い込んで18歳の娘に会いに行くって・・・・・・。
「これまでどんだけ女性に縁のない人生を送ってきたんだ」と思わずにはいられませんが、まぁ本人的には真剣に「会えば奇跡が起きるかもしれない」とでも信じていたのでしょうね。
アイドルの娘も握手会ではどんな男にでも笑顔を振りまくわけですし。
ま、それにしてもこれはゴミ袋を盗んでいることもあり、かなり気持ち悪いものを感じますが。
 
 
と、こんな男と同年代である自分も、今のバイト先では若い娘相手の立ち振る舞いに気を付けています。
つい先日、数ヵ月前からバイトをしているらしいJK二人組に初遭遇。
一緒に働くわけではなく、また会話したりするわけでもないので、何か起こるわけではありません。
でも、向こうからしたら自分のようなおっさんは、いるだけで只々気持ち悪い存在と見られても仕方ないと思っています。
バイトをするようになって自分の姿を職場の鏡を見て、常々「あ、おっさんだ」と実感していますから(笑。
どう見ても20代には見えない単なるおっさんで、しかもバイト。
JKたちからすれば「どうでもいい存在」か「気持ち悪い」のどちらかしかないと思っています。
少なくとも好かれることはないでしょう。
 
 
といっても、別に凹んでいるわけではありません。
こういう立場を選んだのは誰でもない自分ですから。
だからこの現実をありのままに受け入れてやっていくしかないと思っています。
別にJKに嫌われたところで今のところバイトが出来なくなるわけでもないですし。
会うのは引き継ぎの時間帯だけですから、気持ち悪がられても「知ったこっちゃない」という感じ。
ま、何もしていないのに気持ち悪がられるのは悲しいですが(笑。
 
 
そういえば先日のこと。
職場にうっかり上着を忘れました。
で、翌日に出勤したときに事務所に置いてあるのを発見。
きれいに畳まれた状態で置いてあるのをみて、いつも引き継ぎの時間に会うおばさまが畳んでくれたと思いホッとしたのですが・・・。
しかしこのとき、頭に同時に思い浮かんだのは、「これがもしJKたちが居る日だったら・・・」ということ。
勝手にですが、「あ、これkanimisoの上着?キタねー!触れねーわ!」などと言われてゴミ箱に捨てられているイメージが湧いてきました(笑。
実際はそういう子たちではないのかもしれませんが、自分もほとんどJKたちのことを知らないので・・・。
被害妄想が過ぎるのかもしれませんが、これくらい考えていたほうが何かあったときに傷つかないですむかなと。
これからも職場では己の立場を弁えて、遠慮して生きていこうと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]