「信頼」などなかったことが発覚

 
 前回のつづきです。
申し訳ないですが、すごく長いです。
まとめきれなくてすいません。 



 社員のうっかりミスにより、社員Aとの軋轢が発生した11月の3連休中。
ただ、これは自分の中だけで解決出来たことだったので、大きなトラブルにはならず、気持ちも一新して仕事に取り組もうと思っていたのですが・・・・・・。
 
 11月の3連休最後の日。
いつものように出勤すると、前日の時点では「ある」と予想していたサブの作業がありませんでした。
これはその食材を社員たちが冷蔵庫に用意していた場合、俺の時間帯で作業するというもの。
無い場合は「必要ない」と社員が判断したということになるので、その日はサブの作業がありません。
だから俺はそれに従い、この後通常通りに作業を進めていきました。
 
 そして一通りの作業が終わったころ。
ある食材の数がだいぶ少ないことが判明しました。
それはサブの作業によって作られるもの。
だから、「やっぱきょうはサブは作業をやるべきだったと思うけど・・・」と思いましたが、準備の仕方を知らない俺ではどうしようもありません。
とりあえず当日の営業をするには大丈夫そうだったこともあり、後は引き継ぎ時、社員Aに口で伝えることにしました(笑。
○○が残りわずかです」
と。
 
 で、定時間際の引き継ぎ時。
社員Aが来たのでこのことを伝えました。
すると社員Aは「まじか・・・」と神妙な表情に。
(前日、サブの作業の準備をしなかったのは別な社員だった模様)。
そして3分ほど経ったとき、俺にこう言ってきました。
「今からサブの作業をやります、最初の準備だけやってもらっていいですか?」と。
このとき、もう残り時間は8分ほど。
準備に取りかかると定時を超えることは確定していたので、一応確認を取りました。
『残業になりますけどいいですか?」
社員Aは「はい」と言ったので、俺はサブの作業の準備を開始。
ただこのときは緊急事態ということもあり、いつもの手順を省いた突貫工事モード。
パパパッと準備し、とりあえずセットし終えたのですが・・・。
 
 このサブの作業。
複雑ではないものの、いくつか重要なポイントがあります。
例えば完全に沸き立った状態で火加減を変えるとか。
しかしこの日はいつもと勝手が違う突貫工事モードのため、その時間が予測出来ません。
またそういう細かいことを伝えるのも、なかなか厄介。
その上、社員たちはいつもどおりに色んな仕込み作業をしています。
だから俺は、「火加減の変更までやって、後は○○分炊くだけとなったら帰ろう」と考えました。
実はこのとき、「最初のセットが終わった時点で引き継ぐべきか」と相当迷ったのですが・・・。
通常の状況とは異なる今。
俺がやれることはやっておこうと思い、その時間まで別な食材の仕込みをやることにしました。
 
 するとですねぇ・・・。
その作業をやりかけたとき、社員Aからこんな話が。
「それ、ストック有りますけど、今やる必要あります?」
これを聞いたとき、俺は一瞬「?」となったのですが、少し考えて、
「いや、あのキリの良いところまでサブの作業をやろうと思って・・・」
と返すと・・・。
社員Aがキレた口調でこう言ってきました。
「いや、あの言ってくれれば全部引き継ぎますから(怒)、指示していって下さい」


 
 ま、これは社員Aの言い分も正しいと言えば正しいです。
俺も迷いましたし。
ただ、この日はイレギュラーな状況なわけです。
だから俺としては気を使って残ることを選んだわけですが・・・。
まぁ案の定、それが裏目だったようですわ(笑。
忙しい祝日に余計な仕事を抱え込んだこともあり、社員Aもイラだっていたのでしょう。
 
 で、このとき。
それに伴い、俺が普段サービス残業でやっている作業にも「いや、そんなにやる必要ないんじゃないですか」的な注意をされました。
勝手に残業はしていないので会社には迷惑をかけていません。
だから怒られる意味がまったく分からないのですが・・・。
そもそもその作業は、以前社員たちがやっていたこと。
それを社員Aから「時間があったらやってください」になり・・・俺は激務の社員たちのことを考え、ある時期から自分の作業が遅れることになっても、何とか片付けるようにしていました。
それだけに、こういう注意をされるのは本当に心外でしかありませんでした。
 
 しかもこの日。
社員たちのミスにより、俺は残業せざるを得なくなっているわけです。
それで残っている俺に対してキレ気味に注意してくるって・・・人としてあり得ない気が。
普通なら、
「あ、kanimisoさん、もう大丈夫なんで」
でよくないですか?
この後は呆然とした状態で急いで仕事を上がり、帰り道も放心状態。
いつもなら連勤も終わった後なので、「おいしいものでも食べて帰るか」とワクワクするのに・・・。
家について風呂に入った後、あまりのショックにメシも酒も飲まず2時間ぐらい寝込んでしまいました。
こんなのは久々でしたね。
 
 で、まぁ・・・。
この後色々考えましたが、けっきょく社員Aは俺がやっていたことに対し、感謝も何もしていなかったということがハッキリしました。
俺としては以前ブログに書いたように、一応「同じ職場の仲間」として少しでも協力していくつもりでやってましたが、それはまったく伝わっていなかったようです。
前にも言いましたが、社員Aに対してそういう考え方をする俺が大馬鹿野郎でした(笑。
分かり合えない人とは、いつまでも分かり合えないものだとよく分かりました。
 
 というわけで、今後は一切協力しないことにしました。
自分の仕事のみをやって、とにかく定時退社を目指す。
再び社員Aの圧が増してこようと、全て無視します。
やったところで一切感謝されないのですから。
 
 また今回の一件で「仕事を辞めたいゲージ」が7割に達しました。
この一件があった直後は、マジですぐにでも退職しようと思いました。
でもまぁ、バイトゆえ辞めようと思えばいつでも辞められます。
あと、仕事の内容は俺に合っていて、かなり好きなので・・・。
それと深刻な人手不足で、後釜も今のところはいません。
そういうことを考えて何とか7割まで戻しましたが、次同じようなことがあれば、おそらく辞めるでしょう。
部下に感謝しない人間の下で働くことに、俺はやりがいを感じないから。
 
 元店長の下で3年働いていたときには仕事を辞めたいゲージは常にゼロ。
言い争ったこともありましたが、根っこの部分でお互いの信頼関係はありました。
それは電話でしたが、退職の挨拶をしてくれた事からあきらか。
しかし、社員Aの場合は・・・
俺は少しでも歩み寄ろうとしましたが、社員Aにその気はないため、けっきょく信頼関係はゼロどころかマイナス状態。
それゆえ、店のTOPになってからはわずか3ヶ月で仕事辞めたいゲージが7割(笑。
で、先ほど、これまで書いてきた一連の社員A絡みの記事を見ると、こうなることを予言していたような節がありました。
残念ですがもう終わりは近いかもしれません。
まぁ俺でも働ける場所はあると思うので、そうなったら次の職場を探します。
 
 と・・・まぁ長々と書きましたが、次回はこの事が有った次の出勤日に感じたことを。
それで今回の件はラストです。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[7回]