健康になるにつれ悪魔の囁きが・・・



糖尿病の治療をはじめて3カ月がたちました。


ここ1週間ほどの間、少し飲み食いしすぎていたので血糖値が上がっていないか不安でしたが、きのう診察を受け尿の血糖値を測ると先月よりもしっかり下がっていました。
まぁ、以前は1日1回必ずと言っていいほど山盛りのごはんを食べ、毎晩ビール4本は飲むなんてイカレタ食生活を送っていましたから・・・。
それがなくなれば血糖値は下がって当然なのですが、数字でハッキリ結果が出るというのはいいものですね。
治療に取り組む気がますます出てきます。


ただ・・・最近になって改めて思うのは、糖尿病の治療というのはかなり難しいということ。
というのも、血糖値が下がって健康になってくると、今度は食欲が増してくるのです(笑。
体質が原因ではなく、食欲旺盛が原因で糖尿病になった自分ですから・・・。
「死」に繋がる可能性が高かったときは我慢していましたが、体調が良くなってきた今、スーパーやコンビニでおにぎりをみるとどうしても食べたくなります。
生まれてから去年までは好き放題に食べてきましたから・・・、その欲求を消すというのは並大抵のことではありません。
治療を始めた際、先生が「糖尿病の治療は非常に難しい、飲み食いを我慢するのが大変だから」と言っていた意味がここにきて分かりました。
治療が順調に進むにつれて、「これくらい食べてもいいかな?」という甘えの気持ちも出てくるというジレンマ。
恐ろしいことです。



と、いっても自分の場合はまだまだ正常値には届いていませんし、今度悪化すると食事の度にインシュリンを打たなければいけないような状態まで行く可能性もあります。
そうなったらかなり大変で食事も楽しめなくなるので、それは絶対に避けたいところ。
そんなわけでも今後もしっかり自制して、糖尿病の治療に励みたいと思います。


こういう小さいナポリタンもついつい食べたくなります
「小さいからいいか」という感じで(笑
自分に激甘ですいません

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]