気持ちよさよりも命を大事に

 
 
 1年くらい前から道路上で3輪に乗っているノーヘルのドライバーを見かけるようになりました。
最初に見たときは「うお!昼間っから堂々とノーヘルかよ!」なんて驚きましたが、その乗り物を見るとバイクではなく3輪で納得するというパターン。
が、気になるのは安全性。
どうしても「事故ったりしたらヤバイんじゃないかな」と想像してしまうのです。

   


 と、常日頃そんなことを考えているときに見かけたこのニュース。
こういう悲惨な事故を知ると、「やはりヘルメットは付けるべき」だと思います。
ノーヘルで走ることに若干の開放感があることは分からなくはないのですが・・・。
ま、近所のコンビニまでくらいならノーヘルでもいいと思います。
そんなにスピードも出さないでしょうし。
でも、どこかにツーリングするなんて場合だったら・・・。
先日も仕事の帰り、国道4号仙台パイパスを走っているとき、大きな三輪に乗ったノーヘルのドライバーを発見しました。
ラフな格好で風を受けながら颯爽と走っているのは気持ちよさそうでもありましたが、私的にはかなり唖然としました。
というのも、この道は昼間でも70~80キロのスピードを出した車や大きなトラックが走る道。
そこを三輪とはいえ、ノーヘルというのは・・・ねぇ。
自分に非がなくてもいつでも起こる可能性があるのが事故。
開放感よりもヘルメットをかぶって生存確率を高めた方が賢い生き方だと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[1回]