キリン淡麗の「絶対もらえるキャンペーン」に応募すると・・・

 
 
 
いつも晩酌で飲んでいる「キリン 淡麗プラチナダブル」。
4月上旬から6月下旬の間、応募マークを集めて送ると「絶対もらえるキャンペーン」というのをやっていたので自分も地道に集めて応募しました。

 
 
 集め始めたころは「1~2通応募できるかな」と考えていましたが、自分の飲むペースが早いこともあり(笑、6月下旬ごろには5通も応募出来る状態に。
そして早速送ろうと思ったのですが、ここで迷ったのは「送った証明」をするかどうかということ。
というのも、以前別なキャンペーンに普通郵便で送った際、後で「あ、これで配送事故とかあったら証明しようがないわ」としばらく気を揉んだことがあり・・・。
ま、このときは無事に商品が届いたのですが、今回はなんせ5通です。
「1通1通配達記録をつけて送るとけっこうな金額になるよな・・・」なんて考えながら、応募要項の確認のためキリンの公式サイトをみると「複数の応募はがきを封書でまとめてご応募いただくこともできますが・・・」との一文があり、問題が解決。
封書で送って配達記録をつけることにしました。
これだと応募マークが剥がれたりすることもないから、一石二鳥。
 


 
 翌日。
郵便局に行き、局員さんに「配達記録をつけたいのですが」と伝えると、特定記録郵便や簡易書留郵便などの料金表を見せてもらいながら「このような違いがある」との説明を受けたのですが、安いこともあり送ったことが分かればいい特定記録郵便に。
局員さんは封筒の画像などを取り、それが写っている控えをこちらに渡してくれました。
「これで今回は送った証明が出来る」と一安心。
後は配達されるのを待つだけとなりました。
 
 
 で、おととい。
キャンペーン事務局から応募内容について確認の電話が留守電に入っていました。
これで向こうに届いたことは確定したので安堵し、翌日こちらから電話をかけなおしたのですが、そこで恐ろしいことが発覚。
なんと自分、応募マークの種類を勘違いして2通ほどが無効に。
でも、最初その事実を告げられたときは意味がよく理解出来ず「え?5通送ったと思うのですが・・・」とやんわりオペレーターの方に伝えました。
するとオペレーターの方は「それではkanimiso様から送られてきた実際の郵便物を確認してから折り返しお電話します」との返事が。
このとき、「あ、こういうことがあったときのためにきちんと現物を保管しておくんだ」と知り・・・その後、やはり自分が勘違いして貼り間違えていたことが判明。
赤っ恥をかいた上、オペレーターの方に無駄な確認作業をさせて申し訳なかったですが、このことが分かったのは勉強になりました。

   
これがその間違った貼り方をしていた用紙w


 と、こんなこともあり、後はキャンペーンの商品が送られてくるのを待つだけ。
3通で3種類のタイプの商品が送られてくる予定なので楽しみです。
到着まで後1~2カ月かかるとのことなので、そのころには秋になってしまいますが(笑。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]