車が戻ってきましたが・・・

 
 
 数日前、車の修理が無事に完了しました。
 
 

修理代は「高くても8万円」ということをスタッフさんから聞かされていたのでそれなりの心構えをしていましたが、最終的にかかった金額は5万2千円。
バイト生活の自分にとっては大金ですが、最初にディーラーから「15万~20万円かかるかもしれません」と聞かされていたことを考えれば、相当リーズナブルに済みました。
これには本当に助かり命拾い。
 
 
 で、今回の修理代を見て、ふと思い出しました。
というのも、4年前も同じように車を縁石にぶつけて故障させた際、修理代でかかったお金は5万5千円。
そして今回は5万2千円・・・。
けっきょく、中古のちょうどいい部品は見つからず新品部品との交換になったのですが、これは4年前にディーラーで修理したときも同じです。
つまりこれを踏まえると、最初から「修理は部品の交換で充分だったんじゃ・・・」と思えてならないのです。
ディーラーのメカニック(工場長)が語っていた板金工場での持込修理というのは、まったく不要だったんじゃないかと。
 
 
 ちなみに今回の部品交換による修理により、3ミリ短くなっていた左側のホイールベースも修正できたとのこと。
スタッフさんが自信満々に「バッチリです!」と言ってくれたので、心配性の自分は一安心。
そして今のところは乗っていても不具合は感じません、
タイヤが片べりすることもなく、ハンドルのセンターが狂うこともありません。
後はこのままの状態が2~3年続くことを願うだけです。
 
 
 と、まぁ本当にいろいろあった一連の車のトラブルでしたが、色々な意味で勉強になり、「車を維持していくことの大変さ」がよく分かりました。
だからこれからはより安全運転に努め、2年後の車検に備えます。
それと、実は車のエアコンも故障していることも発覚。
代車に乗っていた際、自分の車とのエアコンの効きがあまりに違うことに気付き分かったのです。
それまでは暑くても、「この日差しや温度じゃエアコンも効かないよな」と思い込んでいましたが間違いでした。
このことを知ったとき、正直「神様もどんだけ俺をいじめれば気が済むんだ」と天を睨みましたが、まぁこれも日ごろの行いが悪いせいでしょう(笑。
宮城の夏はあと少しで終わるのでしばらくはこのまま使い、後で修理するかどうか考えようと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]