上の人間が白と言ったら白



1カ月くらい前のこと。
朝の仕事中、店に電話がかかってきました。


基本的に営業中のことは分からない自分は電話を取るかどうか迷いましたが、もしも何かの緊急連絡だったら困ると思い電話に出てみると・・・相手は社長でした。
「いつも自分に連絡をしてくるときは携帯にかけてくるのになぜ?」と思いながら社長に「どうしたんですか?なぜ店の番号に電話してきたんですか?」と聞くと、社長は「あ、いや、きょう誰が出勤しているか分からなかったから・・・」という返事。


自分は自由にシフトを組ませてもらっているので、毎月社長や店長などにそれぞれ出勤表をコピーして配ります。
だから「誰が出勤しているのか分からない」という社長の言っていることが意味不明でした。
出勤表を確認すれば一発ですから。
しかし、このとき自分はあえて深く聞くことはせず「そうでしたか」と言い、その後用件を聞いて電話を終了。
昔の自分だったら、店の電話にかけてきた理由をきかずにはいられませんでしたが・・・。
もう今はそういう気持ちは減りました。
「社長が分からないと言っているならそれが全て」と割り切れるようになったのです。


で、後日・・・。
社長に会って新しい出勤表を渡すと、社長がスマホで出勤表をカシャカシャ撮影しだしました。
それを見て以前社長が店に電話をかけてきた理由が分かりました。
要は自分が渡した出勤表を無くしたようです(笑。
そして、それに懲りて今度は念のためスマホで画像を保管しているのだと・・・。


それこそ昔はこういうのを見たら、
「ダメじゃないすか社長、無くさないでくださいよー」
なんて突っ込みたくなる人間でしたが・・・・・・このときは何も言いませんでした。
社長もわざと無くしたわけではないでしょうしね。
そして、今度は無くしたときの対策もバッチリやっている社長。
こっちに「自由にシフトを組むな、固定にしろ」や「出勤表は毎回2枚渡せ!」とか要求してこないことを考えると、ほんとうにこの人の下で働けてよかったと思います。
今後も余計なことは言わずに上の支持に従って穏便にやっていく所存です。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]