一つ覚えれば一つ忘れるみたいで悲しくもある

 
 
今年の3月のこと。
蔵王の祖母の家で置いていたテレビが壊れたので、自分の部屋で使っていたテレビを代わりに置き換えました。
これにより、4年ほど前に買っていたPS2用のD端子が使えるようになり、ドラムマニアの画質が向上。

 



みなさまにはまったく違いが分からない上、どうでもいいことでしょう。
しかし長年、S端子でやっていた自分にとっては大事なことなのです(笑。
 
 
で、このとき5カ月ほどぶりにドラムマニアをプレイしたのですが・・・これが、自分が思っていた以上に叩けなくなっており愕然。
元から下手でしたが、超簡単な曲にも合わせられないほど衰えていました。
手足がイメージ通りにまったく動かないのです。
あたまの中に「?」というたくさんのクエスチョンマークが。
 
 
というのも、以前にもドラムマニアを半年ぶりにプレイするということはありました。
でも、そのときは衰えているといっても、ここまで叩けなくなるようなことはなく。
しばらく練習すれば、下手なりに勘を取り戻し手足の感覚も戻ってきていました。
 
 
しかし、今回はいつまでやってもまともに合わせられません。
「あれ?なんでこんなに下手になったんだろう?」としばし考え込むと・・・理由が分かりました。
それはバイトをするようになったから。
5カ月間バイトをして食材を切るなどの技術を覚え、また重い物の運び続けたため以前に比べ力もつきました。
そのため、手先の感覚などがまったく変わり、昔と同じように叩こうとしてもズレが生じている状態。
分かってしまえば何てことはないですが・・・。
 
 
ただ、それでもショックはショックでした。
というのも、昔だったらそれでもある程度は合わせられていたと思うのです、バイトをしていたとしても。
しかし、40歳も過ぎた今、新しく覚えられることも限られてきたといいますか・・・。
おっさんになった自分が新しいことを覚えると、それまで覚えていたことを何か一つ忘れるようになったんだと分かり悲しくなりました。
記憶できる容量に限界があるというか。
歳による衰えにはどうしても抗えないものがあると実感。
 
 
とはいえ、この後なるべく間を開けずに電子ドラムを叩くようになったところ、それなりに感覚が戻ってきました。
まだ一番うまかったころには戻りませんが、それでも練習すればわずかながらでも戻るようです。
ボケ防止や運動神経をこれ以上衰えさせないためにも、今後もバイトと並行して自分なりにドラムマニアを楽しんでいこうと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]