店長が思っていた以上にヤバイことが発覚

 

 すでに
2月に入ってしまいましたが、きょうは自分の今年の初出勤だった1月2日に起きた出来事について。
 
 
 今年の初っぱなということもあり、気持ちも新たに「今年もぼちぼちやっていくか」なんて思いながら作業を進めていたこの日。
自分の作業中には特に大きなトラブルもなく順調に進んでいたのですが、引き継ぎの時間帯に問題が発生しました。
なんと新年一発目なのに、バイトの女子高生が出勤してこないのです。
混むことが予想される日なのに、1人足りないというのはかなりのピンチ。
すでに来ていたパートさんと「やばくないですか?」なんて話していると、そこに店長が登場。
すぐに「○○さんが来ていません」と報告すると、店長はスマホを操作しはじめたのですが・・・、なんかあまり乗り気ではない様子。
通常であれば急いで電話したりするものだと思うのですが、なんかタラタラしています。
そんな店長の姿をみて自分は「?」と不思議に思いましたが、これ以上この場に自分がいて出来ることはありません。
「お先に失礼します」と言ってその場を後にしました。
 
 
 翌日。
この日も出勤だったので、きのうあの後どうなったのかパートさんに聞いてみました。
「大丈夫でしたか?」と。
すると、あの後になんと社長の奥さんが偶然きて、他の部署から一人バイトを呼んでくれたとのこと。
そのため、「人手不足で大混乱」という最悪の事態は免れたそうです。
が・・・ここからこの一件についてパートさんから話を聞いていくと、想像もしていなかった事実が分かってきました。
 
 
 まず、前日にバイトの女子高生が出勤しなかった件ですが、パートさんいわく、「おそらく店長がその女子高生に1月2日出勤であることを伝え忘れていた」のこと。
過去にもこういう連絡ミスは数回あり、そのたびにトラブルになっていたんだそうで・・・。
これを聞いた瞬間、自分はきのう店長が必死に女子高生に連絡を取ろうとしていなかった意味が分かりました。
つまり、「店長のミス」で女子高生に非は一切ないから、呼び出すことも出来なかったというわけです。
 
 
 そして更に驚いたのが、毎回このような人手不足の状況になっても、店長は人を探したりしないとのこと。
普通であれば、休みのバイトに電話したりして何とか人をかき集めようとするものだと思いますが、うちの店長はそれをやらないのだそうです。
ただただ黙ってなにも言わずに営業をスタートさせるだけ。
一緒に働いている社員やパートさんに、「すみません、きょうは1人足りませんが何とかよろしくお願いします」なんてことも言わずに黙って作業するだけ。
ちなみに営業時間中はシフト通りに人数がいても、忙しすぎてキツいことがあるそうです。
だから1人足りないなんてなったら、そりゃパートさんの心の中にも不満がたまるってもので。
 
 
 以前、パートさんたちが店のことについて不満を抱えていることは書きましたが、その原因は店長のこういった行動にあるようです。
この件でも、シフトの連絡ミスは百歩譲って「まぁ仕方ない」と思うことも出来ますが、その後についての対応を放棄するというのは確かに店長としてどうなのかと。
まぁ、休みの日に人を呼び出すのはイヤなものであることは分かりますが・・・、でもだからと言ってそれをやらないことは許されないでしょう。
自分なら「仕事」と割り切って連絡を取るだけは取ります。
だって人手不足は、同僚はおろかお客様にまで迷惑をかけることになるわけですから。
 
 
 と、そんなことがあり、はじめて知った店長の人間性。
基本真面目な人で作業はきちんとやっているようですが、いわゆる社員とは違う「店長として求められる部分」についてはほぼノータッチで、従業員の育成や管理の面でもズタボロというのがパートさんたちの話。
で、それについてパートさんが店長に意見しても、「僕が言っても聞いてくれないんですよねぇ」なんて感じでスルーされるのだそうで・・・。
それゆえ、学生はおろか社員までが1年経っても成長せず、従業員の質は上がりません。
そんな環境の中だと、まともにやっているおばさまパートさんたちは日々不満がたまり、いまや爆発寸前。
今年に入ってすぐ一瞬即発の職場であることが分かりました(笑。
そしてこの後、さらなるトラブルが・・・。
それは日を改めて記事にします。



<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[2回]