自分の小ささを思い知る

 

 おととい、きのうとバイトの人間関係について記事にしましたが、書いてみて思ったことは、
「小さな会社で、1人のおばさまのご機嫌を損ねたと考えただけでこんなに悩むものなんだ」ということでした。
(クソ野郎のことはまったく気にしていませんw)
ここ3日は休みでしたが、明日からのことを思うと、どうにも憂鬱になったりもしましたし。
つくづく自分の立場というか存在は「弱い」と思い知らされましたし、己の心の脆さも再確認しました。
 
 
 といっても、まぁ今のところは小さな問題です。
これが「社長に無視された」とかなら深刻ですけど。
でも、もしそうなっても過去に「社長から干された経験」があるから耐えられる気がします。
こんな経験はしていない方が幸せなのだと思いますが、していたらしていたで意外と役に立つものですね(笑。
 
 
 で、明日から仕事で、さすがにEさんも普通に接してくれると信じていますが、もしそうじゃなかった場合でも何とかなると思っています。
というのも、今のバイトに慣れてきたころに自分の特性=向いているバイトが分かってきたのです。
その向いているバイトというのは、”スーパーなどのお惣菜調理のバイト“
バックヤードにこもり、決められた個数の惣菜を作る。
これが今の自分にもっとも適しているバイトだと考えています。
 
 
 自分の場合、リアルタイムで「注文を受けてから料理を作る」などは非常に苦手です。
昔からたびたび言っていますが、テンパりやすい人間のため。
これはよほど経験を重ね、相当な自信を持つようにならないとまず改善しないと思います。
でも、事前に作って置いて並べるスーパーのお惣菜作りの仕事であれば・・・。
1個1個着実に作っていけばいい作業。
さすがにスーパーでのお惣菜量では1人勤務は無理でしょうが、その場合でも数人程度なら何とかうまく、今なら周りのご機嫌を取りながらやっていける気がします。
それと接客がないことを考えれば・・・自分のような人間でも充分に務まるかなと。
だからもし今の職場にいられないような事態が起きたら、そんときはどこかのスーパーにお惣菜コーナーに潜り込もうと思っています。
スーパの惣菜部門も人手不足なのか、よくバイトやパートを募集しているのを見かけますしね。
これは今のバイトをやったから分かったことで、この点は本当に良かったと思っています。
前は「こういうバイトは向いていない」と敬遠していましたから。
というか、逆に過去に長期間やっていたコンビニとかの方が無理ですね。
現在、あれだけ多種多様な仕事内容だと・・・。
あれを比べれば、惣菜をきちんと作り続けるほうが絶対に楽だと確信しています。
”マチカフェ”なんか地獄です(笑。
 
 
 と、そんなことをツラツラと書いてきましたが、今の職場は世間一般から比べると人間関係については恵まれていると思うので、なるべく辞めないように続けるつもりです。
昨日も書きましたけど、結局どこに行っても気の合わない人は絶対にいるでしょうしね。
まぁ、柔軟にのらりくらりと立ち回っていこうと思います。 

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]