お天道様はお見通し

 
 今朝のワイドショーでこの動画をみてビックリしました。
というのも、この事故の一連のニュースや吉澤容疑者の話を聞いていた限りでは、もう少しソフトに人にぶつかったものだと思っていたから。
でも実際は・・・、青信号で渡っている歩行者にかなりのスピードで突っ込みはじき飛ばしています。
車にも相当な衝撃があったことは間違いありません。
幸い被害者の方々は軽傷だったとのことですが、ちょっと当たる角度や位置かがずれていたら大怪我もしくは死んでいてもおかしくなかったですね。
これは絶対にあきませんわ・・・・・・。
 
 
 そして今回、このドライブレコーダーの映像により、吉澤容疑者の供述である、
『周囲に車が多くて停車できなかった。気が動転していた』
がウソだったことも明るみになりましたね。
ぶつかった後に降りる様子は一切無く、即座に加速して逃走。
道路は空いていて、すぐに左に寄せて停めることも余裕で可能だったのに・・・。
当時の道路状況や車の挙動が鮮明に映っているだけに、もう言い逃れは不可能。
気が動転していた部分は理解できますが、それでも相当悪質です。
「飲酒運転+ひき逃げ」が確定しました。
 
 
 それにしても・・・この全ての証拠が映っているドライブレコーダーの映像を見ると、改めてこういう事故を起こしたときは絶対に逃げてはいけないのだと思わされました。
結局ウソを言っていてもバレて、ますます立場を悪くするだけというか。
「神様は見ている」ってことで、自分も今後なにかをやらかしたときは逃げずに謝ろうと誓いました。
わざとではないとはいえ、やってしまった以上はその責任を取るということは大事ですね。
 
 
 それと・・・。
この動画で驚いたことがもう一つ。
それは一緒に横断歩道を渡っていた学生たちの行動。
あれだけの衝撃で人が吹っ飛ばされたにも関わらず、車が走り去った後にそのままスタスタと横断歩道を渡っていくという・・・。
最初これを見たとき、「え?誰か『大丈夫ですか?』とか声かけないの?」と驚かされました。
119」をするとか、被害者に駆け寄る様子もないのが、ずいぶんと冷たいというか。
ちょっとかすった程度ならまだしも、おもいっきり人が吹っ飛ばされているのに・・・。
 
 
 まぁ、これから「学校に行く」ということや、「他の人もいるから誰かやるだろう」と考えて声をかけなかったという事も考えられなくはないです。
でもなぁ・・・、あのスタスタと歩いて行く様子をみて、なんだか悲しい気持ちになりました。
そして、やはりこういうときは他人事とは思わず、自分も何か手助けをしなければならないと思いました。
自分もいつ被害者側になるか分かりませんし。
 
 
 と、まぁそんな感じで色々な意味で衝撃を受けたこの事故映像。
自分も車なしでは生活出来ない人間なので、これを機に改めて安全運転を心がけようと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]