力を無駄に使う愚かさ

 

 
 
 この容疑者。
ネット上で尋常じゃないほどの荒らし行為を繰り返していたそうですが・・・そこから発展して実際にこういう事件を起こしたことを考えると、マジで「低脳」でしかないなと、不憫に思わずにはいられません。
ネット上での荒らし行為を「ガス抜き」と称していることも・・・。
そこにしか楽しみを見いだせない人生というのは、悲しすぎますね。

 
 

 上記リンク先にて犯行後の犯行声明文を読みました。
それを読んで真っ先に思ったのは、「自分のブログに来た荒らしとまったく同じような文体だ」でした。
だいぶ前ですが、一時期このブログにも荒らしコメントを送ってくる輩がいたのですが、それと文体がまったく一緒。
特にこういう部分
>「予想通りの展開だ」そう言うのが、俺を知る全ネットユーザーの責任だからな?
「こんなことになるとは思わなかった」なんてほざくなよ?
(上記リンク先から引用)
上から目線の意味不明な考えを押しつけてくるこの感じ。
こういうのを見ると、やっぱ荒らし行為を繰り返している奴は、現実でもこんな奴なんだと再確認しました。
やはり相手にする必要はない人間ですね。
 
 
 それにしても・・・この容疑者。
なんでも特殊なナイフを使って犯行に及んだとのことですが、そういうのを聞くと月並みな意見かもしれませんが、
「そういうことに力を割くなら、別なことにその力を使えよ」
と思わずにはいられません。
引きこもって荒らし行為をする元気があるなら、その力を外で誰かのために使っていれば・・・。
少なくとも人生は今よりもマシになっていたでしょうに。
 
 
 この事件を通じて改めて感じるのは、やはり引きこもりだろうと何だろうと、人は誰でも力を持っているということ。
まともな人から見ると弱々しいかもしれませんが、生きて体が動く以上は何かしら出来るのです。
でも引きこもりの人の場合、その力をマイナス方向に働かせることだけに使ったりするケースが非常に多く・・・。
「イヤだ!イヤだ!」 「あれやりたくない!これやりたくない!」というアピールをすることだけに必死みたいな・・・。
この容疑者も自分が持っている力のほとんどを荒らし行為に使っていたなんて聞くと、何とも残念なことだと思います。
世の中には人手不足で労働力に困っているお店なんてたくさんあるから、本人がその気になればいくらでも感謝されうる存在にもなれるのに。
力を持っていてもマイナス方向にしかその力を使わないなら、人生は不幸なものでしかなくなる。
今後の人生、自分も力の使い方を間違えないように気をつけていこうと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]