指導するのも命がけ

 

 きのうの記事の続きをUPするつもりでしたが、今朝みたこのニュースにビックリしたので、きょうはこのことについて書きます。
 
 
 
 
 ついこの間のことですが、テレビのある番組に「元警察官」の方々が出演していて、こんなことを言っているのを聞きました。
「よく刑事ドラマなどで銃撃戦のシーンがあったりするけど、あれはウソ。実際の警察官は拳銃を一発も撃たずに退職(定年)を迎える人がほとんど」みたいな話を。
なんでも一発でも発砲しようもんなら、始末書みたいなとんでもない数の書類を書かなければいけないとのこと。
それゆえそんなポンポンと撃てる代物ではないらしく・・・。
と、そんな話を聞いたこともあるだけに、この19歳の警察官が同僚を撃ったというニュースは衝撃でした。
「まずあり得んだろ・・・」と。
 
 
 しかもショックなのが、殺された同僚の年齢。
41歳ということで、自分とドンピシャの同年代なわけですが・・・。
19歳の同僚が現時点で犯行に至った理由を、「罵倒されたから」なんて言っているのを聞くと、決して他人事ではないと思いました。
それというのも、ここ最近、自分もバイト先の若者たちの行動に一言いいたくなるような出来事があったため。
そのとき、「これ言ったら今の若い子たちにはパワハラとかになっちゃうのかな」と考えずにはいられなかったのです。
例えば「ちょっと考えれば分かるだろ」とか、「常識じゃん」みたいな一言を。
 
 
 実際のところ、この41歳の巡査部長が部下である19歳にどういう指導をしていたのか、それは今のところ分かりません。
このような犯行に及んだことを踏まえると、ほんとうに常軌をを逸したパワハラ、モラハラのような指導が有った可能性もあります。
立派な職業についているとはいえ、ガチでおかしい奴は一定数いますし。
とはいえ、背後から2発撃って殺すって・・・。
カッとなったのかキレたのかは分かりませんが、あまりにも短絡的な行動。
そして「逃げる」ということよりも、「相手を殺す」という選択をしたこの19歳の警察官の行動心理を考えると、とにかく黒い闇のようなものを感じずにはいられません。
自分からすると、まったく理解出来ない領域というか感覚というか。
 
 
 というわけで、こういうニュースを見ると、自分も今の若い子たちに注意するのが怖くなりました
なんかちょっと小言でも言ったりしたら、殴りかかってきたりするんじゃないかと。
最悪、即キレて包丁とかで刺してきたりしそうで。
だからこのご時世、自分の言うことが正論であっても、言葉は選ばなければ危ないと思いました。
まぁ、どんだけ言葉を選んで注意したところで、相手の受け取り方によっては「罵倒された」になるのかもしれませんが・・・。
ま、罵倒された経験なら自分もそれなりのものがあります(笑。
そのことを思い出して、若い子たちを傷つけないように接していこうと思います。

(*追記)
Yahooニュースのコメント欄などで、「警察官というのは危険な場面に遭遇することもあるから、厳しく指導するのは当たり前」との意見をみて激しく納得してしまいました。
この殺されてしまった巡査部長は、「19歳の子の将来を思って厳しく指導した」なんて考えると、本当にこの事件は切ないものがありますね。
しかも背後から2発も撃たれていることを考えると、殺す気が満々すぎて。
相手のことを思って言ったとしても、それが仇になってしまう悲しい時代。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[1回]