無職やニートにとってはキツいGW

 

 GWが終わってきょうで2日目。
世間の皆様からすれば楽しい期間が終わって何ともガッカリなのかもしれませんが、自分のような男からすると、GWのあの陽気な世間の雰囲気が苦手なので今はホッとしている状態です(笑。

 
 

 というか、今になってバイトもしていなかったGWの頃を思い返すと、なんともこの期間だけは時間の流れがかなり遅かったように思います。
普段はとんでもない速さであっという間に時間過ぎていくような感覚なのに、ほんとうにGWだけは体にじわ~っとまとわりつくように時間が過ぎるのが遅いというか。
世間にとって似たような休みはお盆や正月なんかもありますが、それとはまた空気感が違うのですよね。
今考えてみると、明るい春の陽気と外から聞こえてくる家族連れの楽しそうな声などが、日陰者としての生活を送っていた自分にとっては辛いものだったのかもしれません。
で、やることもないから過去のことをほじくりかえしては思いだし、またそこで後悔を繰り返して思い悩むという・・・、キツいGWでした。
友人や知り合いに会うのも怖いから迂闊に外にも出られなかったですし。
 
 
 そして今は・・・、
とりあえずバイトをやっているおかげで、前ほどGWは辛くなくなりました。
粛々と働いていればあっという間に過ぎていってしまうのです。
だから改めて、短時間でも働くということは大事だとつくづく思いました。
バイトなどやることがあればそっちの事を考えるから、過去のことを思い出すことも減るからだいぶ楽。
無職やニートでGWを辛く感じている人は、ぜひ短時間でもいいから働いた方がいいと思います。
肉体的に負担がかかったとしても、精神的に相当楽になることは間違いないですから・・・。
 

GW中に飲んでいた大葉唐辛子割り(金魚)

 
賞味期限が迫っていた唐辛子を大量にぶっ込んだら翌日お腹を壊しました。
トイレで1人、「自分らしいGWだな」なんてことを思いました(笑。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]