得体の知れない店長

 
 これまでバイト先の店長のことを書いてきました。
自分の書き方が悪いのか、中には「嫌な人間(上司)」というイメージを持っている方いるようですが、実際のところは悪い人ではありません。
自分がこれまでブログで度々取り上げてきたクソ社長は、真性のクソで嫌な人間です(笑。
でも、店長はそんなことはありません。
自分より年下ということもあるのかもしれませんが、こちらの話も聞いてくれるし、暴言を吐いたりするようなパワハラ・モラハラも一切してきません。
ただ・・・・・・、問題が一つあります。
それは、「理解出来ない思考を持っている」という節があること。
これが一緒に働いている人間を悩ませるといいますか・・・。
 
 
 まず、その理解出来ない思考の一つは、以前書いた「特定の部下に対する指導を一切しない」ということ。
そちらに関してはこの記事に書いています→「社員と店長との仲が険悪なことを知る」。
 
 
 この後にはこんなこともありました。
今年の2~3月ごろのことだったと思います。
バイトやパート、社員のみんなが仕事中に使う靴が古くなってきたので、サイズを確認して取り寄せることになりました。
店長はそれぞれのサイズを確認して、紙にメモ。
そして発注をしたそうなのですが・・・、いつまで経ってもその靴は店に届かなかったそうです。
 
 
 そうこうしているうちにあっという間に3ヶ月以上が経過。
そのうち高校生の子なんかの靴は、先端がバコバコ分離する状態になり・・・。
それを見たパートさんやバイトの子たちは、「これではそのうち転びそうで危ない」となったため、それぞれ3回ほど店長に、「新しい靴を取り寄せて下さい」とお願いしたそうです。
しかし・・・それでもいつまで経ってもこない新しい靴。
いくらお願いしても靴を取り寄せない店長。
そしてその取り寄せない理由がまったく不明(これが本当に意味不明なのです)。
発注はかけたはずなのにも関わらずですよ?
社長からSTOPがかかっていたりでもすれば話も分かるのですが・・・。
そういうことは一切ない模様。
その結果、もう誰も言わなくなり、そのままボロい靴をはき続けて働いていたそうです。
 
 
 と、そんな状況であることを、ある日のバイト終わり間際に知った自分。
自分は身銭を切って長靴を使っているので関係ないことですが、みんなが困っているというので店長に進言しました。
「みんなが困っているから、早く靴を取り寄せたほうがいいですよ」と。
店長はそれを聞いて、「あ、はい」と返事をしたのですが・・・。
それから2週間たっても靴が届くことはありませんでした。
 
 
 と、そんな店長の様子を見た自分は、ちょっと怒りを覚えました。
「何か明確な取り寄せない理由」があるなら構わないのです。
でも、周りに聞いてもそんな理由はなさそうです。
とにかくなんか知らないけど取り寄せないというだけ。
しかも更に話を進めていくと、すでに新しい靴は別な店舗で保管されており、後はこちらの店に運ぶだけとのこと。
これを聞いた自分は、「あ、もうダメだ」と判断。
メールで社長の奥さんに靴の軒を報告しました。
「みんな困っていますよ」という旨を伝えたのです。
最初は単なるバイトの自分がやることでもないかと思いましたが・・・。
でも「仕事」に関わることです。
知らぬふりは出来ませんでした。
 
 
 その後。
奥さんにメールを送ったら当日のうちに、「確認してみます」との返信が。
そしてその翌日には新しい靴が店に到着。
この事実を聞くと、ますます店長の思考回路に疑問を覚えました。
「なぜこんな簡単なことを数ヶ月経っても出来ないのか?」と。
 
 
 こうした経緯を踏まえ、このことのについてパートのおばさまと話すと、「(店長は)何を考えているか一切分かんないねぇ」とボソリ。
調理作業に関してはきちんと真面目にやっているそうですが、その他のこういったことに関しては一事が万事こんな感じとのことです。
「忘れっぽいならホワイトボードかなんかにメモをすればいいじゃない」とかのアドバイスを受けても、それを頑なにやらないというから、ちょっと質が悪いともいいますか。
またパートのおばさまがちょっと苦言を呈すと少し不機嫌な様子も見せるらしく、営業時間中に一緒に働いていることもあり、注意もしづらいとのこと(立場上は上司ということもあり)。
だから明らかにおかしいことがあっても、誰も何も言わないのが慣例化してしまったようで・・・。
 
 
 と、そんなことが多々あり、現時点で店長に対する自分やパートのおばさまの見立ては「発達障害」。
ADHDなどの何らかのそういうのを抱えているのではないかと。
そうじゃないと、あれだけ周りから言われても何もしないという行動の理由に説明がつかなくて・・・。
 
 
 というわけで悪い人ではないのですが、仕事においてこれでは困るという店長。
今後においては、「言ってもすぐにやってくれなかった場合はこちらが行動を起こすしかない」という結論に達しています。
そのうち、なにかとんでもないトラブルが起きないことを願うばかりです。



<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[4回]