いのちだいじに

 
 この前、静岡の海岸で大学生3人が行方不明になったことを取り上げましたが・・・。
やはり自然の力というのは恐ろしいもので、非常に残念なことになってしまいました。
 
 
日々様々なニュースを見聞きして、不運により人は誰でも予想もしていない形で命を落とす可能性があることは重々承知していますが、この3人に関しては「本当になんで台風の日のに海へなんて行っちゃったんだろうな・・・」と思わずにはいられません。
この日海にさえ行かないで家で過ごしていれば、これから素敵な未来が待っていたかと思うと・・・。
赤の他人の自分ですら、何とも言えない空しく悲しい気持ちになるぐらいですから、この3人の大学生の親御さんたちの気持ちを考えると、もう残念極まりないでしょうね・・・。
今年は芸能界などでも訃報を聞く機会が多いだけに、「死」について考えることもありますが、こういう若い人たちが、「自分たちは大丈夫」という過信の結果亡くなってしまうのは、唯々残念です・・・、なんてことを思っていた今朝、このニュースが。
 
 
きょうは8月31日。
夏休みも終わる「夏の終わり」と言える日ですが、そんな日に10~20代の若者たちが自らの行動により命を落としてしまう。
この子たちも、「俺たちは怪我もしないし、死ぬわけがない」と思って遊んでいたと推測しますが・・・。
人の体というのは、思った以上に脆いもの。
命は一つしかないし、それを失ったら周りの人も悲しむのだから、楽しさをはき違えて命を落とすなんてことは、つくづくやめてほしいと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[2回]