小学生がおっさんになるほどの年月が流れると・・・

 
 
きのう、トイレの床が少し水浸しになっていることに気付いた母。
どこから漏れているか調べてみたそうで・・・。

 
 
なんとトイレタンクがパッカリと割れていたとのこと。
今まで仲の部品が壊れたことは何度かありますが、トイレタンクは初。
割れるときはこんな感じで割れるものなんですね。
ま、小学生だった自分がおっさんになり、両親もじいさんばあさんになったことを考えると壊れても不思議はないというか・・・、むしろこれまでよく持ったほうなのかもしれません。
 
 
父が業者を呼んで見積もりをしてもらうと、トイレタンク自体を交換しないといけないとのことでした。
トイレタンクの取り寄せまでに3日かかり、修理は2~3時間ほどとのこと。
修理時間が思っていたより短いのが幸いでした。
トイレが使えないというのは本当に困りますからね。
今のところはとんでもない水漏れもないので、修理されるまではだましだまし慎重に使っていこうと思います。

<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[3回]