Y!mobile側から「店に来い」って言ってきたのに・・・

 

 前回の続きです。
YモバイルのWiFi解約のため、ワイモバイルショップ行ったのですが・・・。
手続きを開始してから数分後、店員さんから思いも寄らない一言が。
「あ、これはもしかしたら手続き出来ないかもしれません」
予想もしていなかった言葉に思わず、「へ?」と声が出てしまいました。
 
 
 キョトンとしている自分をよそに、店員さんはここで解約の手続きが出来るかどうか何やら作業しつつ、この状況について説明を始めました。
最初は何を言っているか全く理解出来なかったのですが、繰り返し説明を聞いた上での結論をザックリ言うと、現在のワイモバイルショップは、
Y!mobile」「Y!mobile ソフトバンク」に分かれるとのこと。
これを聞いた瞬間、思わず「そんなのしらんがな」と言いそうになりました。
 
 
 そして俺の契約の場合だと、この店では解約手続きが出来ないとの説明が。
だから他の店に行って解約の手続きをしてくださいとのこと。
これを聞いた瞬間、思わず怒りで「ハァ?」。
だってそんな説明は送られてきたハガキには一切書かれていなかったから。
解約に関して書かれていたことは、
「継続を希望されない場合→ご利用中の端末本体をお持ちいただき、ワイモバイルショップにてお手続きください」
のみ。
それゆえ、この店員の説明には到底納得出来ませんでした。
 
 
 特に今回の解約の場合、出直したりして二度手間にならないように数日前からしっかり準備をしました。
解約に必要な店に持って行く物をネットで確認。
行った店の取り扱いサービスに「解約」が含まれていることもきっちりチェック済み。
その上でネットから時間指定の予約をして行ったわけです。
これで「手続き出来ません」なんて言われた日にゃ・・・。
それとこの日は俺にしては珍しく、とんでもなく忙しい日で。
普段ならとんでもない時間を持て余している自分ですが(笑、この日はマジでタイトなスケジュール。
そんな中で時間を割いてきただけに、かなり頭にきました。
正直、店内で「マジでふざけんなよ!」とブチギレそうに。
 
 
  とはいえ・・・手続き出来ないと言われた以上、こちらは諦めるしかありません。
この後、若干キレ気味にどこの店なら手続き出来るのかを確認し、そして、「こういうことならハガキに書いておいてほしいですね!」とクレームを言いました。
例えば俺のケースなら、ハガキに「解約をご希望の場合は下記のお店でお手続き下さい→○○店・○○店」とか。
でも、店員は「おっしゃるとおりです、お客様の言うとおりです」みたいなことを機械的に言うだけ。
心がこもっていない謝罪であることはすぐにわかったので、余計に怒りが加速しました。
3年間もきっちりお金を払い続けて使ってきたのに、最後にこんな仕打ちを受ける。
店を出るころには怒りは最高潮。
とりあえず予定があったため一度家に戻ることにしましたが、帰りの運転中は最高にブチギレていました。
そしてこう考えました。
「また行った店で『手続き出来ません」なんて言われたら最悪だ。まずはカスタマーセンターに電話して、どこのワイモバイルショップに行けば確実なのか確認したほうがいい」と。
  
次回につづく



<スポンサーリンク>

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

拍手[5回]